神奈川県藤沢市
印刷会社 トーカイ
トーカイ サイトマップ トーカイ サイト情報 トーカイ  会社概要 トーカイ 製品サービス トーカイ サポート トーカイ 問い合せ
 
 
製品&サービス 会社概要 サポート お問い合わせ/FAQ
トーカイへのお問い合せ

CONTENTS >>  オンライン入稿  RGB入稿  Officeデータ入稿

 

デジカメデータの最適なCMYK自動変換

▼ RGB入稿の問題点

近年のデジタルカメラの普及により、印刷の画像にデジタルカメラデータが使用されることが多くなってきました。しかし、デジタルカメラのデータは光の3原色である「RGB」で構成されており、印刷のプロセスカラー「C(シアン)M(マゼンタ)Y(イエロー)K(ブラック)」では表現できない色域があるため、実際モニタで見た色や6色8色のインクジェットプリンタなどでプリントアウトした色と印刷物の色が異なることがあります。印刷データを作成するうえで、Photoshopなどの画像処理ソフトを使用し、RGBデータをCMYK変換したときに色がくすんでしまったことはないでしょうか?その原因は前記したRGB色域とCMYK再現色域の違いです。画像処理技術と蓄積されたノウハウをもっていれば変換前に近い色に補正することは可能ですが、卓越した技術者でも時間がかかる作業となります。そのため、RGBデータの入稿は元の色に近い色で印刷しようとすると補正作業を要し、補正無しで印刷す場合色は保障できないものになってしまうため印刷業界では基本的にNGとなっていました。

▼ RGB入稿への対応

弊社ではハイエンド・スキャナの画像処理技術とその蓄積されたノウハウをベースに作られた、大日本スクリーンのColorGenius DC 2(カラージーニアスDC 2)を導入しており、印刷に必須なCMYK画像へ最適な自動変換を可能としていますのでRGB画像の入稿を可能としています。

・変換イメージ

変換前RGBデータ
Photoshop CMYK変換データ
Color Genius最適化CMYKデータ

※写真はイメージ図です

関連項目

Office系データなどのRGBデータの出力に関しては こちら