神奈川県藤沢市
印刷会社 トーカイ
トーカイ サイトマップ トーカイ サイト情報 トーカイ  会社概要 トーカイ 製品サービス トーカイ サポート トーカイ 問い合せ
 
 
製品&サービス 会社概要 サポート お問い合わせ/FAQ
トーカイへのお問い合せ

PAGE CONTENTS >>  制作営業品目  アプリケーション・フォント対応  制作設備概要

 

制作営業品目

充実した設備(新世代DTPワークフロー、ADOBE PDF PRINTENGINE2 対応)のもと、各分野のクリエーターが貴社をサポートします。又、専門職の校正にも定評があります。

・Macintosh/Windows 各種DTP組版
└アプリケーション・フォントの対応について
・データ修正
・イラスト作成
・トレース、画像切り抜き
・各種デジタルコンテンツ(HTML作成/変換、動画作成など
・PDF作成(変換・しおり付け・リンク付けなど)
・DVD/CD-ROM作成
・各種データ入出力
├RGB入稿について
├入稿データのアプリケーション・フォント対応について
└Office系データ(Word,Excel,PowerPointなど)のデータ出力について

上記は代表例です。その他品目に無いものでもお気軽にお問合わせください。

 

アプリケーション・フォント対応

AdobeCS6に対応。
モリサワOpentypeなど様々なフォントにも対応していますので
データ作成、データ出力においてあらゆるデータに対応できます。
また、TrueflowSEで作成したOutlinePDF、OutlinePDFAdvanceまた、PDF/X-1a、PDF/X-4での入稿にも対応しております。

■ 対応アプリケーション

 

アプリケーション
Macintosh
Windows
Illustrator
CS5 CS6
CS5 CS6
Photoshop
CS5 CS6
CS5 CS6
QuarkXPress
※ご相談ください
PageMaker
※ご相談ください
※ご相談ください
InDesign
CS5 CS6
CS5 CS6
Acrobat(PDF)
11
11
Word
※ご相談ください
2007 2010
Excel
※ご相談ください
2007 2010
PowerPoint
※ご相談ください
2007 2010

※ 上記バージョン以外、アプリケーションについては別途ご相談ください。
※ MS-Offce2003以下のバージョンはMS-Offce2007以上で対応させていただきます。
※ AdobeCS4の出力に関してはCS5又はCS6で対応させていただきます。

 

■ 対応フォント

 

・モリサワ書体(代表書体例)

OPEN TYPE
 (Macintosh/Windows)
NewCID
(Macintosh)
OCF
(Macintosh)
MORISAWA PASSPORTに対応*
MORISAWA PASSPORTに対応*
新ゴL
新ゴR
新ゴM
新ゴB
新ゴU
太ミンA101
太ゴB101
中ゴシックBBB
ゴシックMB101B
ゴシックMB101U
じゅん101
じゅん34
じゅん501
リュウミンL
リュウミンR
リュウミンM
リュウミンB
リュウミンU
見出ミンMA31
見出ゴMB31
新正楷書CBSK1


※MORISAWA PASSPORT対応書体については下記を参照ください。
http://www.morisawa.co.jp/font/products/passport/fontlist.php

・ダイナフォント

Dyna Smartに対応

※Dyna Smart対応書体については下記を参照ください。
http://www.dynacw.co.jp/dynasmart/tabid/353/Default.aspx

・欧文フォント

別途ご相談ください

※ 上記フォント以外については別途ご相談ください。

 

制作設備概要

新世代DTPプラットフォームを構築。最新のアプリケーションにも対応。
また、色表現においてはCMS(カラーマネージメントシステム)を構築しているので、制作から印刷まで一貫した再現力が可能です。

■ 新世代DTPプラットフォーム

Apple、Adobe、大日本スクリーン、モリサワによるTNGプロジェクトが提唱するPDF/X-1a、PDF/X-4運用による新世代のDTPプラットフォームを完備しておりますので、最新のアプリケーションでも安定した出力を可能としております。(PDF/X-1aとは

■ ADOBE PDF PRINT ENGINE対応 (PDF/X-4対応)

AdobeCS3の登場により、透明機能やPSDやAIなどによるレイヤー運用が主流になってきましたが、それらはPS言語でサポートされておらず、従来のRIPでは出力時に不具合がでる場合がありました。弊社では、アドビの新世代の最新レンダリングエンジン(RIP 用ソフトウエア)により、PDF/X-4データをネイティブに処理することができるので、透明などの機能を正確に演算することが可能な為、従来のRIP コアよりも信頼性の高い出力が出来ます。(PDF/X-4とは
*但し、AdobeCS3以上が対象


■ 制作から印刷まで一貫したCMS(カラーマネージメントシステム)

キャリブレーションモニターを使用して印刷の刷り色をシュミレートしながらデータ制作を行います。お客様はインクジェットプルファーによる色校正紙でご確認いただけます。
Prepress(制作・製版)、Press(印刷)での色統一をはかっているいるため、制作から印刷まで安定した色をご提供できます。

■ キャリブレーションモニター
標準印刷物にキャリブレーション済のキャリブレーションモニターを使用して印刷の刷り色をシュミレートしながらデータ制作を行います。

■ インクジェットプルーファー(色校正)
大日本スクリーン LabProofにより、標準印刷物とプルーフ出力紙が一致するように調整。これにより、高い再現力と安定性を備えた
EPSON PX-H9000からのインクジェットプルーファーは常に実際の印刷物に近い色を再現。このプルーファーをお客様に色校正紙としてご確認していただけます。

■ 印 刷
CIP3運用により、印刷は標準印刷物と同様の刷りを安定して出力します。